Cafe Korea

オシャレで落ち着く韓国のカフェのような、ほっと一息つける空間を目指します

【韓国文化】韓国の「우리(ウリ)文化」とは?

f:id:cafekorea:20190322170322j:plain

 

 

 

 

 

「우리ウリ」とは?

 

皆さんは、우리ウリという言葉をご存知ですか?

韓国ドラマをよく見る方、韓国語を勉強している方ならきっとご存知でしょう。

 

우리ウリとは「わたしたち」という意味の言葉で、日本語的には「うち」と訳した方がしっくりくることも多いです。

 

だから何?って感じですが、実は韓国では、この単語は特別な意味を持っています。

韓国の文化に大きく関係する、重要な単語なのです。

 

今日はそのことをご紹介します。  

 

 

 

韓国での「우리(ウリ)」の使われ方

 

 

日本人が日本の話をするときは、普通「日本は…」という風に話しますよね。

でも、韓国人が自分たちの国のことを話すときは、「韓国は…」というより

 

우리 나라(ウリ ナラ)(うちの国)は…」

 

という言い方をよく使います。

韓国人が韓国人の話をするときも、大抵は「韓国人」とは言わず、

 

우리나라 사람들(ウリ ナラ サラムドゥル)(うちの国の人)」

 

と言います。

 

また、自分たちの息子や娘の話をするときも、

 

우리 아들(ウリ アドゥル)(うちの息子)」

우리 딸(ウリ ッタル)(うちの娘)」

 

と言います。

 

両親揃って子どもの話をしているなら分かりますが、いつでもこう言います。

 

また、自分の子どもじゃなくても…というかそもそも子どもじゃなくても、この表現は使います

それが赤の他人の大人でもです。

 

たとえばお世話になっているお医者さんを褒めるときでも、

 

역시 우리 선생님은 머리 좋으시네(ヨクシ ウリ ソンセンニムン モリ チョウシネ)

 =やっぱりうちの先生は頭がいいわね

 

という言い方をしたりします。

 

これに似た言い方と感じるのが、「国民の…」という言い方です。

この表現も韓国では本当によく使います

 

たとえば、スケートで大人気だったキム・ヨナや、国民的人気の歌手IUは、長い間

 

국민 여동생(クンミン ヨドンセン)(国民の妹)」

 

と言われていました。

さすがに今は年齢的に言われなくなりましたが、またすぐに別の人が言われるようになるはずです。

 

少し前に大ヒットした「建築学概論」という韓国映画では、アイドルグループmissAの大人気アイドルであるスジが主演して話題となりました。

大学生の切ない初恋の記憶を描いた映画で、この映画でヒロインを演じたスジは、

 

국민 첫 사랑(クンミン チョッサラン)」(国民の初恋)

 

と言われ一世を風靡しました。

もはや人ですらない気がしますが、とにかくこういう表現をよく使うのですw

 

 

 

우리(ウリ)文化に見られる韓国の国民性

 

このように、「うちの」とか「国民の」という表現をつかうのは、韓国の文化です。

 

そして、これは韓国の人の考え方を非常によく反映している気がします。

国全体を家族や身内のように考える文化が根付いているのです。

 

もちろん本当の家族ではありません。

それでも、「うちの」という身内のような表現は、言う側も言われた側も親しみを感じます。

 

言葉の違いは些細なことに思えるかもしれません。

ですが、そうした表現によって形作られる国や民族の絆や結束意識というのは、意外と強いものです。

 

こうした文化の影響は、韓国の国民性にも色濃く見られる気がします。

 

たとえば韓国では、悪く言えば身内びいき、よく言えば義理人情に厚い傾向が強い気がします。

一般人はもちろん、国の政治や外交に対するスタンスを見ても、筋道を通すことよりまずは身内の利益を大切にする、といった感情が見え隠れしているように感じます。

 

ただ、それはいつも悪いわけではありません。

 

日常生活の中では、自分を身内のように扱って非常によくもてなしてくれるので、とても嬉しくありがたく感じることが多々あります。

その中にいれば、温かみを感じることのできる良い性質です。

 

 

いずれにせよ、今日は、韓国の「うちの」という表現についてお伝えしました。

 

 

このような言い方と意味、文化的背景を知っていると、普段の韓国ドラマやニュースを見ても、だいぶ身近に感じられますよ。