Cafe Korea

オシャレで落ち着く韓国のカフェのような、ほっと一息つける空間を目指します

【韓国生活】韓国の配達は超便利!

f:id:cafekorea:20190310024500p:plain

 

 

 

 

 

韓国と日本の配送手段

 

韓国と日本の間で荷物を配送するとき、どうしていますか?

まだ送ってみたことがない!という方も多いと思います。

 

現地で買い物したら荷物が増えて送りたいとか、

韓国の友達に荷物を送りたい!ということもありますよね。

 

わたしたちが個人で国際配送を利用する際、基本的には郵便局からになると思います。

国際配送の会社は民間でもありますが、郵便局が一番手軽で安価でしょう。

身近にあってすぐに送れるという意味で、一番楽です。

 

郵便局から国際配送を利用する際、選択肢は下記の3つがあります。

 

EMS(国際スピード郵便)

航空便

船便

 

①のEMSは、もっとも早く届きますが、費用は一番かかります。

②の航空便は、日数も費用も中間です。

③の船便はもっとも安いですが、日数が一番かかります。

 

それぞれメリット・デメリットがあります

 

お金に糸目をつけない方なら、EMSがベストではあります。

なんといっても、速いです!

実際に、韓国在住中に日本からEMS配送してもらうと、大体2~3日で着きました。

ただ、旅行中に送ると自分の帰宅より早くついてしまうこともあるので要注意。

 

逆に船便は場合によっては1ヵ月以上かかることもあるようです。

ただし、別に早く届かなくても構わない荷物も正直多いと思います。

そういう場合はむしろ安いのが一番ですよね。

量が多いと費用の差もばかになりませんので、急がないなら船便も選択肢でしょう。

 

 

 

日本⇒韓国の配送費用や日数は?

 

では、実際に国際配送を利用した場合、費用や日数はどのぐらいなのでしょうか?

実際に郵便局のWEBサイトで試算してみました

 

試算条件として、まず配送区間は東京~ソウル

 

また今回は、旅行中にお土産を買いすぎて重くなったことを想定してみました。

ですので、重量は10kgと、若干重めの荷物で計算してあります。

 

試算結果は下の画像の通りです。

 

f:id:cafekorea:20190310035215p:plain

 

この条件で試算してみると、①EMS10,500円とかなり高いですね。

そのかわり配送期間も2日と、ぶっちぎりで早いです。

 

次が②航空便で、5日ほどでつきますが、7850円とのこと。

 

は船便で、2週間前後かかりますが、費用は4300円と格安です。

 

 

韓国⇒日本の配送費用や日数は?

 

ではお次は、韓国⇒日本の配送費用と日数を見てみましょう。

また試算してみます。

 

f:id:cafekorea:20190311005418p:plain

 

それぞれの色の部分の日本語訳は、以下の通りです。

 

=国際郵便、黄色=国際小包、オレンジ=船便、=重量、=郵便料金


今回の試算は、東京とソウルの方向が変わっただけで、重さは同じです。

ただ、船便を指定してあるので、青字の費用部分は船便の場合の費用になります。

 

レートは時期で前後しますが、大体1000円=10000won前後としておきましょう。

そうすると、ソウル⇒東京に船便で10kgの荷物を送るのは、約3400円ほど。

日本から韓国へ送るより、すこし割安なようですね!

 

ということで、

 

韓国ですこしお土産を買いすぎてしまった・・・

空港から家までが遠いから大荷物を運ぶのはきつい・・・

 

といったときは、急がない荷物は韓国から送ってみるのもいいかもしれませんね!

 

 

 

韓国の配達は超便利なシステム!

 

ところで、皆さんは配達が受け取れなかったとき、どうしていますか?

普通は再配達依頼をWEBか電話でして、またいる時に来てもらいますよね。

ひと手間かかるし、時間もかかるし、結構面倒なものです。

 

いいマンションなら、保管ロッカーやコンシェルジュの受取が可能かもしれませんが。

 

しかし韓国では、別にいいマンションじゃなく普通の団地でも、それが可能です

具体的には、棟ごとに担当する警備アジョッシがいるんです。

配達員は、基本的にその警備員さんに荷物を預けるんです。

そして住人は、警備室に立ち寄って帰宅するので、荷物があれば必ず受け取れます

ですので警備アジョッシも、自分の棟の住人はみんな把握してたりします。

 

私の場合、結婚したりして住んでいたわけではありません。

留学や仕事のような目的で、何年か一人暮らしをしていました。 

 ですので当然、団地のような所には住まず、ワンルームで生活していました

どんな所かは、下記記事をどうぞ(釜山じゃなくソウルの方の部屋ですが)。

www.cafekorea.info

 

なのですが、ここからが韓国のすごいところ!

実は韓国では、ただのワンルーム住まいの独り身でも、配達受取サービス可能です!

 

ではどうするかというと、ずばり편의점ピョニジョm(コンビニ)です!

なぜか地元のコンビニが、荷物預かり場所を無料で提供してくれているのです。

特に料金や見返りもないので、なぜ成り立っているのか分からないサービスです(笑)

そのかわり、荷物の安全は保証されていません^^;;

 

韓国では、荷物の伝票に必ず受取人の電話番号を書きます

そして配達直前に、配達員から「これからいきますよー」っていう電話がきます。

無駄足を避けたいのでしょうけど、ここらへんが韓国らしいところです(笑)

 

そのときに、

「今外にいるから目の前のコンビニに置いといて!」

と言うと、「OK」と言われます。

あとは帰りに目の前のコンビニで自分の荷物を探し、持ち帰って終了です。 

レジでの手続きはもちろん、店員さんに声すらかけなくていいときもあります(笑)

 

ただ問題は、だれも管理していない棚にたくさん荷物が置かれていることです。

他の人もそういう風に利用しているのです。

ですから、誰かが自分の荷物のフリをして持っていっても、分かりません

無料で許可してるだけなので、コンビニが監視カメラで調べてくれるとも思えません。

 

日本でも最近、コンビニ受取ができますよね。

韓国で慣れていたので、日本でも一度コンビニ受取を使ったことがあります。

 

しかし・・・これが大変でした。

E-mailで番号がくるので、Loppiみたいなコンビニの端末でまず受取票を発行します。

それをレジに持っていき、バーコードを読んだり色々打ち込んでもらいます。

そして、最後に二か所スタンプを押してもらって、やっと受け取れます。

 

端末での作業がもたついたり、レジが並んでいたりすると、かなり時間がかかります

正直、韓国の一瞬で終わる手軽な受取サービスに慣れていたので、面倒でした。。

 

こういう部分は、本当に性格にあっていて、韓国が住みやすかったと感じる部分です。

 

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

韓国からの国際配送も、意外と悪くないと思われたのではないでしょうか。

 

郵便局なら英語が話せる職員さんも多分います。

それに、送り状を書きますが、分からない単語は辞書で調べながらゆっくり書けます。

なので、興味があればぜひ一度トライしてみてください。

 

韓国の超便利なコンビ二預かりサービスも、ほんと独り身の味方です。

きっと、「日本にもあったらいいのに!」と思われたかもしれません。

 

また韓国ならではの情報を、色々とご紹介していきたいと思います!