Cafe Korea

オシャレで落ち着く韓国のカフェのような、ほっと一息つける空間を目指します

【韓国語】ハングルはルビが大事!ー韓国語発音の意外なコツ

f:id:cafekorea:20190224021711j:plain

 

 

 

韓国語の発音はなぜ難しい?

 

韓国語の発音は難しい…なんて話、一度は聞いたことがあると思います。

 

外国語ならどれも難しいのは当たり前ですが、韓国語の発音が難しい原因のひとつは、日本語にはない発音がたくさんあるからでしょう。

 

母国語に文字が存在しない音は認識しにくいため、最初は学ぶのが難しいのです。

 

たとえば、日本語のうまい韓国人の日本語を思い出してみると、「ありがとごじゃいます」となっていたりしませんか?

それは、ハングルに「」や「ー(伸ばし棒)」をそのまま表せる文字がなく、韓国人にとっては認識しづらい音だからです。

同様に日本人にとっても、日本語の文字にない音を認識して発音するためには、最初は努力と工夫が必要です。

 

それで、言語を学ぶにはまず、その言語の文字と、その文字が表す音を、しっかりと理解することが大切ということになります。

 

 

 

ハングルの発音はこう学ぼう!

 

皆さんご存知のとおり、韓国語の文字のことを”ハングル”といいます。

(ハングルってなに!?という方は下記リンクからどうぞ)

www.cafekorea.info

 

さて、ハングルの読み方を勉強するときにやりがちなのが、全てカタカナルビで勉強し、覚えてしまうことです。多くの参考書やテキストでもカタカナルビをふっているため、仕方ないことかもしれません。

 

しかし、カタカナは日本語の文字です。

ということは、それで正確に表現できるのは日本語の発音だけということです。

カタカナだけで発音を覚えると、それは韓国語っぽい日本語の発音になってしまいます。

 

そこでおススメしたいのが、アルファベットの併用です。

 

アルファベットはもちろん、英語の文字ですよね。

英語は日本語よりはるかに母音が多く、子音で終わる発音も多いため、韓国語と同じではないとはいえ、日本語よりずっと実際の発音に近い表記をすることができます。

 

たとえば、中学で勉強した英語の授業を思い出してみてください。

 

・earth  ⇒ 「th」で終わる、舌を上下の前歯で軽くはさんで出す音

・better ⇒ 「r」で終わる、舌を喉側に巻いて出す音

 

上のような発音は中学で勉強しているので、イメージがわきやすいと思います。

でも、これをカタカナで表現するのは無理ですよね…?

 

このように、日本人は英語を必修科目しとして勉強しているおかげで、日本語より発音の種類が多い英語をベースに、他の言語の発音を学ぶことが可能です。

 

このメリットを最大限に生かして、韓国語の勉強にもアルファベットを活用しましょう!

 

 

  

アルファベットルビの活用例

 

では、実際にカタカナルビとアルファベット混じりのルビを比較してみましょう。

 

감사합니다(カムサハムニダ)

감사합니다(カmサハmニダ)

 

たとえば、皆さんご存知の上の単語はいかがでしょうか。

 

カムサハムニダ」というルビはカタカナだけで一番近いと思われるルビをふっているだけですから、実際の発音とはだいぶ違います。

しかし、アルファベット混じりのルビだと、「mu」ではなく、子音の「m」で終わる音だと分かりますよね。母音の「u」はないので、「ム」と発音すると間違いです。

子音「m」は唇を閉じるだけの音であり、はっきり発音する音ではありません。

そのことをカタカナでは表現できず、アルファベットだと表現できていることが分かります。

 

・「김치(キムチ)

・「김치(キmチ)

 

上のキムチという単語は、韓国の人がよく日本人の面白い発音として例に挙げる単語です。

 

日本人にもなじみ深い単語なので「kimuchi」と発音してしまいますが、これもやはり、「kimchi」が正しい発音です。

これは日本人にとっては細かい違いに思えるかもしれませんが、韓国人からしたらまったく違う発音に聞こえて、おかしく聞こえてしまうわけですね。

 

 

こうしてみると、日本語とは違う発音の部分をしっかり意識でき、韓国語に近い発音を学ぶ助けになります

 

 

実際のルビのふり方

 

アルファベットにした方がよいのは、主に子音の発音です。

さらに例を見てみましょう。

 

일본(イlボn)

한국(ハnグk)

 

どうでしょうか?

少し感覚が分かってきたかと思います。

 

上記の例や、今までに出てきた例を参考にしつつ、アルファベット混じりでルビをふったり、発音するときにそこを意識する癖をつけてみてください

 

なお、下記のように、子音だけの発音がない単語については、カタカナだけでルビをつけてもそれほど問題はないでしょう。

 

우유(ウユ)

누나(ヌナ)

 

 

まとめ

 

日本語には子音そのものの文字がなく、子音を個別に認識していないため、日本語では韓国語の子音のみの発音を表現できません。

 

そこで、子音のみの部分をアルファベット表記することで、より韓国語の正確な発音に近づけられるのです。

 

もちろん、アルファベット表記をしても、実際にどう発音をするのかは学ぶ必要があります。

それでも少なくとも、”ここが日本語と違う発音の所だな!””ここを気をつけて発音しよう”と、意識することができますよね。

 

ですから、普段から自分がハングルにルビをふるときや、頭の中でルビを思い浮かべて読むときは、アルファベットを活用するよう意識してください。

 

長い目で見ると、カタカナ思考とアルファベット思考では発音に大きな差が出てしまうのです。